生命の輝きを感じる写真

what's Newborn photo?

生まれて間もない赤ちゃんには「お腹の中の記憶」が残っていて、

体勢もママのお腹の中にいた手と足を縮めて丸まった状態が1番落ち着きます。

 

小さく丸まった「Newbornポージング」が見られるのは生後約3週間。

次第に赤ちゃんは体を広げ、ぐんぐんと成長していきます。

そんな、人生で一瞬の姿を残せるのがNewborn photoです。

 

今にも壊れてしまいそうなのに、生命力にあふれている赤ちゃんの姿を見ていると、

不思議な力がわいてくるような気がします。

 

愛情をかけて育てたい、幸せにしたい、笑顔にしたい・・・

親として頑張ろうという気持ちが先にでると思います。

 

しかし、約10ヶ月もの妊娠期間を経て、命がけで出産をしたママの身体はボロボロです。

パパもはじめて会う我が子にとても緊張してしまうはず。

 

 

 

そんな状態から育児は止まることなくスタートします。

 

 

 

漠然とした不安の中でひとりの人間を守ることは、誰しもが最初は苦悩します。

なんで泣きやまないんだろう・・・なんでうまくいかないんだろう・・・・・・

 

ふと自信がなくなったり、悩むことがあると思います。

 

そんな時に我が子が産声をあげた時の喜びや感動、家族の喜ぶ顔を鮮明に思い出すきっかけとしても

surphotoworksは、Newborn photoを残して欲しいと考えています。

 

大切な我が子の成長の記録として、ママ・パパの宝ものとして、思い出を形に。

撮影メニューの確認をする

Surphotoworks

宮城県仙台市にある小さな写真事務所です。
About Us

surphotoworks(スーフォトワークス)は夫婦で営んでいる小さな出張写真スタジオです。 私たち自身も1歳児の息子がいるのですが、我が子が産まれた際に小さな身体から溢れるパワーや生命力に心を大きく動かされました。 また、あっという間に過ぎてしまう新生児期こそ「記憶・記録に残る写真が残せたらどんなにステキなことだろう」と思い、ニューボーンフォトの撮影を始めました。

New Post

お知らせや撮影日記など
撮影のお申し込み・ご相談は以下のフォームからお願いいたします。